タブを開いた時のチラつき



  • 既出かもしれませんが、
    ずっと気になっているのでお聞きいたします。

    Vivaldiの起動時やリンクをクリックしたのち、
    リンク先が新しいタブで開くときに
    画面が一瞬チラつき、少しぶれるようになります。

    ベータ版になる前からVivaldiを使用しているのですが、
    ずっと同じ状態で改善されていません。
    いつもタブが開くたびにチラつくため、
    目がとても疲れて、ときどきめまいをしそうな感じです。

    他のブラウザと比べてもVivaldiのチラつきは
    ひどい気がしています。

    Vivaldiは独自のタブ機能を搭載しているため、
    その機能の反応によりチラつくのでしょうか。

    --disable-gpu-vsyncや
    --disable-gpu --disable-software-rasterizerを追加しても
    まったく変わりません。

    Windows10・64bit Vivaldi・64bit
    グラフィックボード ASUS・STRIX-GTX1060-DC2O6G
    CPU インテル・Core i7 4790K
    メモリ 8GB


  • Moderator

    @bw155mm
    "画面が一瞬チラつき、少しぶれる"というものがどのようなものなのか、判断が難しいです。

    動画でキャプチャしていただけると、私の環境でも起きているかどうかは分かるかもしれません。



  • 申し訳ありません。動画のアップの仕方が分からないもので。

    チラつきについて詳細に説明するには難しいのですが、
    見ているページにあるバナー広告をクリックしたり、
    リンクをクリックして、別タブにページが遷移する時
    明るさの微妙な明暗が別タブでページが開き始めるまでのほんの一瞬の間に
    他のChromium系のブラウザ(使用しているのはChromeとCocCoc)よりも
    多く発生しているという事です。2秒で別タブが開く場合ChromeとCocCocなら
    2秒の間に明暗の繰り返しが2度。Vivadiなら2秒の間に4度というように
    多い感じがするのです。一瞬の間に明暗する数多くなるととても目が疲れるのです。
    例をあげるのも難しいのですが、蛍光灯のチラつきが高速になった感じでしょうか。

    英語などのVivaldiフォーラムにはvivaldi flicker とか Flickering などと報告が
    あるようなのですが、私の状況と同じなのかは、語学力がないため分かりません。

    申し訳ありません。このような事しか伝えることが出来ません。



  • もう一度だけ日本の個人の方の感想が出ているサイトがありましたので、
    同じように感じている人たちがいるのではと思い記載します。

    (1)「眼精疲労とチラツキ

    問題には、個人差があるかもしれません。しかし念のためご紹介します。
    Vivaldiはとても描画(レンダリング)が速いということで有名です。

    しかし、その描画の速さが人によっては仇になるかもしれません。
    Vivaldiでは次のページを描画する前に、一瞬真っ白な画面が表示されます。

    描画が速いということは、その白い背景画像の表示される回数が多いということです。
    これが「チラツキ」に繋がり、人によっては眼が疲れることになるんだと思います。

    私は眼の疲れだけでなく、肩こり、頭痛などもしてきました。

    (2)「ページ移動したとき一瞬白くチラつくっていうか
    フラッシュ食らったみたいになるのならわかる」

    以上参考になればと思います。



  • @bw155mm said in タブを開いた時のチラつき:

    (2)「ページ移動したとき一瞬白くチラつくっていうか
    フラッシュ食らったみたいになるのならわかる」

    多分この書き込みは自分のものです。
    チラつきがどのようなものかというのは再現手順が分からず動画に撮ることが出来ません。
    実際にどのような効果なのか、というのに関しては

    1.バックグラウンドのタブで任意のページを開く
    2.読み込みが終わるのを待ってから開いたページをクリック

    このバックグラウンドのタブをクリックしたときに一瞬何も描画されていない画面がサブリミナル効果のように映り込みます。
    このような一瞬ちらっと何かが映るのをチラつくと表現しました。
    一瞬なので明確な判断ができませんが、自分がチラつくと言った効果はタブバーやアドレスバー、
    ステータスバー等で起こっているような気がします。
    リンクをクリックした後、ページが切り替わる瞬間に発生しやすく、タブスタック使用時に起こりやすい気がします。
    しかし、ここ最近のバージョンではこのチラつきは改善されているようなきがするので、
    もしかすると @bw155mm さんの言っているものと内容が異なるかもしれません。
    ただ、いかんせん再現方法が分からないのと、最近は気になるバグが修正されるまでは・・・と、
    Chromeを使っているため実際に自分の環境でもチラつきが改善されているのかどうかは確認しきれません。

    曖昧な表現が多くてすみません。



  • そのチラつきは、これとは違いますか?
    http://imgur.com/noJDJqE

    再現方法はVivaldiのウィンドウをダブルクリックで広げたり縮めたりしてるだけです。



  • @Yuyu.K
    自分がチラつきと言った効果はこのことです。 @Yuyu-K さんありがとうございます。
    発生する状況自体は違いますが見た目は同じです。
    過去のバージョンでは起こっていた現象ですが、やはり今の自分の環境ではこのチラつきは起こらないですね・・・。

    • Snapshot 1.8.755.3 32bit , Win7 32bit

    そして改めて読み返してみるとやはり @bw155mm さんと自分の言うチラつきは異なるもののように思えます。



  • @Connie
    僕の環境だと初期状態のVivaldiでも、この現象は確認できます。

    ちなみに白いだけではなく黒かったりもしますね
    http://imgur.com/a/eWrr6

    トピ主さんが訴えていらっしゃる、タブを開いたときに発生するチラツキも確認できますので発生法則が分かりましたら、こちらに追って報告します。一応、read.crxという2chアプリを入れてアプリ内で新規タブを開けば同じ現象を簡単に発生させられますね。

    1.8.755.3 (Official Build) (32-bit)
    Windows10 HOME 64bit



  • @Yuyu.K
    自分が分かりにくい書き方をしてしまったので一応補足で、
    ウィンドウ幅を広げたり最大化したときのチラつきは自分の環境(新しいプロファイル)でも、確認出来ます。



  • トピ主さんの訴えている新規タブを開いた時のチラつきですが
    Vivaldiの初期画面〔読込み前の画面が白〕だから起こる現象ではないでしょうか。

    Open Link in New Tabで開く場合
    読込み〔黒〕→読込みを徐々に表示→ページの読込み完了

    Open Link in New background Tabで開く場合
    初期画面〔白〕→読込み〔黒〕→読込みを徐々に表示→ページの読み込み完了

    バックグラウンドで開いて直ぐにタブを切り替えるとトピ主さんが仰ってるチラツキ(フラッシュ現象)が起こってると思います。読込み先のページ背景が暗いと分かりやすい気がします。



  • bw155mmです。連絡が遅くなり申し訳ありません。

    窓の杜 http://forest.watch.impress.co.jp/ というサイトで確認を致しました。

    サイトを開き、右側にある人気記事のリンクをクリックして
    リンク先が別のタブ(新しいタブ)で開く時の様子です。

    1番目がChromeで、2番目がVivaldiです。

    (Chrome)
    https://streamable.com/eeegk

    (Vivaldi)
    https://streamable.com/3czy9

    個人的な感覚になってしまうのかもしれませんが、
    リンクをクリックしてからリンク先のページが開き終わるまでの間に
    Vivaldiの方がチラつく回数が多いように感じるんです。

    Chromeの場合、細かい明暗の回数が2回程度パッパッと軽くして切り替わる感じなのですが、
    Vivaldiは4回、またはもう少し多い感じでパッパッと言うよりプルプルプルプル
    と画面が上下に波打つような感覚です。

    そのため、目に負担がかかり、
    乗り物酔いをしたような感じになってしまいます。

    Vivaldiではこれが正常な動作なのかもしれない
    自分が神経質すぎるのかもしれないなどと思い、
    なかなか書き込みが出来ずにいました。

    さまざまな方にご確認や再現方法を調べていただき
    とても感謝をしております。ありがとうございます。


  • Moderator

    皆さんのおかげで詳細がみえてきたのでこの現象について調べてみたところ、@bw155mm さんと同様のちらつきやそれによる体調の悪化をかかれているレポートをいくつか発見しました。
    詳細は今かける環境にないですが、来週の平日中には書きたいと思います。



  • 初めて投稿した時に、起動時にもチラつくと記入したのですが、
    起動時はテーマで設定をした背景色で一瞬チラつくような感じがします。
    キャプチャしたので貼っておきます。

    https://streamable.com/61a2e
    https://streamable.com/v7ifm



  • @bw155mm
    新規タブの場合は初期の白い画面とForegroundの色が差し込まれていませんかね?


  • Moderator

    今現在の私の認識ですが、

    • "チラつき"
      • とは
        • テーマカラーの背景と、描画時の背景(白色)が瞬間的に数回にわたって切り替わること
      • 起きるタイミング
        • 新しいタブでリンクを開いた時
        • 起動時に特定のページを表示する時

    という感じになっています。


    この現象に関連したバグ報告は長期にわたっていくつかあるようです。

    新しいタブでリンクを開いた時、白くちらつく(VB-22371)

    • 2016年8月頃に報告された
    • 初期から改善されていない旨
    • 頭痛やめまいの訴え

    暗いテーマで背景が白くちらつく(VB-16333)

    • 2016年4月頃に報告された
    • chromium.orgに同様の報告がある
    • 背景が暗いテーマで顕著

    どちらもソプラノメンバーやVivaldiチームによって確認はされていますが、具体的な修正には至っていないようです。



  • @knokmki612
    直す予定もないのでしょうか?


  • Moderator

    @Yuyu.K
    このバグは、人体に及ぼす影響や、現象そのものについての認識を共有するのが難しいと思われます。

    そのため、開発者が取り組めないまま放置されているのだと思います。
    私としては、開発者になんらかの形で改善してもらえるよう働きかけたいと思っております。

    なにかしら変化がありましたら、報告させていただきます。



  • @knokmki612
    もし間違っていたらすみません。

    vivaldi://appsを見るとアプリとしてVivaldiがあったので
    チラつく原因を考えてみました。

    他のChromiumベースのブラウザはChromium本体をカスタマイズして
    機能をChromium本体へ埋め込んでいるのに対し、
    VivaldiはChromiumのアプリとして動作しているため、
    起動時やリンクを新しいタブで開く時、
    Chromium自体がページや設定などを読み込むだけでは終わらず、
    アプリとしてのVivaldiがページや設定などをもう一度読み込み
    Chromium本体へもう一度送るため、
    Chromium本体をカスタマイズしたものに比べ
    Vivaldiは瞬間的にチラつく回数が倍になり
    はげしくなるのではないでしょうか。

    Chromium本体が起動した後に、ほんのわずかにズレて
    アプリとしてViviadiが起動するためタイムラグが出て
    背景色が一瞬見えたり、チラつく回数が増えてしまうのではないのでしょうか。

    もしそうならば、開発当初からの問題になってしまいそうなのですが。


Log in to reply
 

Looks like your connection to Vivaldi Forum was lost, please wait while we try to reconnect.