メモのスクリーンショットの配置について



  • 取得したスクリーンショットが際限なく上に登ってくる形で配置するのではなく、スクリーンショット配置画面の大きさに上限を設けて、それを越した分については、スクロールバーで移動するようにしてはどうでしょうか?

    これならメモの文字入力画面を超えた分をスクロールバーで移動するのと統一できると思いますし、スクリーンショット配置画面が一定の幅にとどまるため、文字入力画面が狭くならないと思います。

    2.12.1854.5 (公式ビルド) (64-bit)から、一時変更されていた縦方向の配置から、従来の横方向の配置に戻りましたが、縦方向の配置にはたくさんのスクリーンショットを取得しても、メモの文字入力画面がシャッターのように狭くならないため、文字入力画面をわざわざ広げる手間がなくなる大きな長所がありました。

    しかしながら、この配置では文字とURLの表示方向と異なる短所があります。

    個人的には縦方向の配置の方がいいと思うのですが、一長一短です。そこで最初に述べた方法なら、それぞれの長所を生かせると思うのですが、いかがでしょうか?

    参考画像
    2.12.1854.5 (公式ビルド) (64-bit)
    2.12.1854.5 (公式ビルド) (64-bit).jpg

    2.12.1849.7 (公式ビルド) (64-bit)
    2.12.1849.7 (公式ビルド) (64-bit).jpg


  • Vivaldi Team

    @gravis

    ありがとうございます。
    今回の変更も他のユーザーのみなさまより
    いただいたフィードバックに基づく変更です。
    縦型表示、スクロールに関しても今後の参考とさせていただきます。



  • @ahojo 返信ありがとうございます。今回の表示の変更が、他のユーザーの方々からのフィードバックに基づくものとの旨、承知いたしました。
    本投稿も今後の参考にしていただき、ありがとうございます。


Log in to reply
 

Looks like your connection to Vivaldi Forum was lost, please wait while we try to reconnect.