Vivaldi起動時に「ウィンドウ最大化時に、タブの隙間を詰める」のオプションが反映されない



  • ■確認環境
     ・Windows10Pro(x64), 1.14.1077.60 (Stable channel) (64-bit)
    ■Vivaldiの設定
     ・[設定]-[タブ]: 「ウィンドウ最大化時にタブの隙間を詰める」

    ■再現手順(1)
     1)Windows上のVivaldiアイコンをクリックして起動する。
     前回Vivaldi終了時ウィンドウサイズが最大化されていた場合
     最大化状態でVivaldiが起動するが「ウィンドウ最大化時にタブの隙間を詰める」が有効にならない
     ウィンドウサイズを変更後最大化することにより有効になる。
    0_1522023914436_29750ff6-65f2-46d0-b341-4052970f593f-image.png


  • Community Manager

    @zyansu ご報告いただき、ありがとうございます。同様の環境でも再現せず、「ウィンドウ最大化時にタブの隙間を詰める」は2度目の起動以降も有効でした。よろしければ、お使いの拡張機能をご教示頂いてもよろしいでしょうか。



  • 最大化状態で終了後、再起動したときに、時々「最大化状態っぽいけど、最大と認識していない(右上の最大化ボタンが重なった四角ではなく、ただの四角になっている)」ことがあり、その時に該当オプションの効果がないようです。この状態になる条件は不明ですが…。

    Windows10Pro(x64) + Vivaldi 1.14.1077.60(x64)



  • スレ主さんのスクリーンショットがまさにその状態で、最大化ボタンはただの四角なので押せば最大になる(=変化なし)はずですが、実際に押すと通常サイズに戻るという挙動。

    最大化ボタンを押すタイミングでは確かに最大状態と判断されているようなのですが、ボタン表示する(≒タブの隙間を詰めるを判定するタイミング?)ところでは最大状態と認識していない、という状況でしょうか。



  • 拡張機能のご指摘をいただきましたので確認しましたところ
    「Google翻訳」がONの時に事象が発生するようです。

    また起動したときには最大化されており右上の最大化ボタンをクリックすると通常のウィンドウサイズにリサイズされます。

    Vivaldiの不具合ではないかもしれませんがよろしくお願いします。


  • Moderator

    個人的に気にしてなかったんですが、この不具合は以前より出ていますね。
    話題に上がったので検証しました。

    linux64bit xfce vivaldi1.14.1077.60

    画像1

    新規プロファイル、拡張なし、タブの隙間を詰めるオプションON、最大化で隙間が出ています。
    0_1522143256125_WJP00013.png

    画像2 最大化じゃない状態でVivaldiのウィンドウを2つ起動

    ウィンドウの四角が最大化じゃない状態と最大化の状態が出て、ウィンドウコントロールのイベントが不安定な状態です。
    ウィンドウの大きさを変更すると隙間の詰まった最大化に鳴る時もあります。
    右の最大化ウィンドウのフォーカスが無くなると、勝手に最大化ではない状態に戻りました。

    0_1522143458813_WJP00014.png

    最大化じゃない状態でタブの隙間の無い状態の時にボタンを押して最大化すると、隙間付きの最大化が再現する確率が高いようです。(falseとtrueのイベントが逆転する?)

    この不具合の解消に向けての提案ですが、該当オプションが有効の場合、最大化じゃない状態でも隙間を広げないように統一したほうがスマートかも知れません。


  • Community Manager

    @zyansu @saziri @zyxwj
    本件、再現いたしました。現在修正待ちとなっております。修正入り次第、こちらにてご連絡いたします。



Looks like your connection to Vivaldi Forum was lost, please wait while we try to reconnect.