1.13.1008.32目玉のウィンドウ機能がクラッシュ


  • Vivaldi Translator

    環境
    Windows10 Pro 64bit
    Vivaldi 1.13.1008.32 (32bit)
    再現手順

    • Vivaldiをインストールした際に登録してあるブックマークと自身が登録したブックマークをまとめて一気に49個のリンクを新しいタブで開く。
    • 開くのに時間がかかるがしばらく待って開ききったところで
       同じブックマーク49個をバックグラウンドタブで開く。
    • 開くのに時間がかかるがしばらく待って開ききったところで
       同じブックマーク49個を新しいタブで開く。

    合計147個のブックマークを開ききったところで1.13の目玉アップデートであるウィンドウをクリックすると真っ白で何も表示されない。0_1512280201257_hosi01523.jpeg

    Windowsのタスクマネージャーのパフォーマンスでメモリー項目を見るとまだまだ余裕がある。
    0_1512280332895_hosi01524.jpeg

    (別画面でスタンドアロン版Vivaldi1.12.955.48でタブを7つ開いて稼働中)

    • メニューバーの「ウィンドウ」をクリックすると開いたブックマークの一覧を閲覧可能。
    • フリーズしたりすることなく、動作的には問題なく稼働中で閲覧にも問題ない。

  • Vivaldi Translator

    追記
    起動時に開くページを最後のセッションにしています。
    0_1512282012202_hosi01525.jpeg
    この状態で一旦Vivaldiを閉じて開きなおすとウィンドウは正常に147個分表示されました。
    再起動にかかる時間も遅くはなかったです。


  • Vivaldi Team

    @kotetsu

    ご報告ありがとうございます。
    上記手順を元に、計150タブを表示させて検証してみましたが、再現はしませんでした。
    多少の動作の遅れはみられましたが、真っ白の画面は表示されませんでした。
    引き続きモニタリング対象とさせていただきます。


Log in to reply
 

Looks like your connection to Vivaldi Forum was lost, please wait while we try to reconnect.