設定画面の説明を表示するツールチップの表示を変更して欲しい。


  • Vivaldi Translator

    要望内容:設定画面の説明を表示するツールチップの表示方法を追加変更。
    要望理由:説明があるものと、ないものがある。マウスをかざしても表示されるかどうかがわからない。

    • 現状の問題点

      • マウスを説明がある設定名にホバリングさせると説明が表示されるが、説明があるかどうかが明示的でないのでホバリングするまでわからない。
      • マウスをずらすと表示が消えてしまうので読みづらい。
      • 補足説明があること自体を気づかない可能性もある。
    • 現在のツールチップの表示
      0_1511966106460_ツールチップ現状.jpeg

    • それをツールチップを明示し補足説明があることがわかるようにする。
      ツールチップはクリックまたはタップすることで表示され、再度のクリックまたはタップする、または設定をチェックして有効/無効にする操作を行うまで、
      表示したままになるようにする。
      ※アイディア画像で使用した「 0_1511966763531_hosi01245.png 」は適当に作ったものなので、このままのデザインを望むものではなく変更しても構わない。
      0_1511966850033_ツールチップの変更後.jpg

    https://ja.wikipedia.org/wiki/ツールチップ の見出し「問題点」によると

    マウスオーバーによって展開や表示が開始されるメニューやツールチップといったポインティングデバイス操作前提のUIは、タッチパネルを利用したタッチ操作には不向きである。というのも、指先によるタッチ操作では基本的にシングルタップが操作の基本となるため、タップ(クリック)とホバーを区別することができず、マウスやスタイラスペンなどのポインティングデバイスによるホバー操作を直接代替・シミュレートするのが難しいからである。

    この変更を行うことにより、

    • 説明がある設定が明示化される。
    • マウスオーバーを表現できないタッチパネルなどにも対応できる。

    というメリットもあることも補足したい。


  • Vivaldi Team

    @kotetsu

    ご要望ありがとうございます。
    改善案として社内に共有させていただきました!:)


Log in to reply
 

Looks like your connection to Vivaldi Forum was lost, please wait while we try to reconnect.