ブックマークを削除後にゴミ箱に行かず残骸が残る(もしくは削除できない?)


  • Vivaldi Translator

    Shift+Delを押すとファイルエクスプローラの場合はゴミ箱に移動せずに削除です。
    それと同じ挙動を期待しているのに異なる挙動を示します。

    1. 複数(単一でも同じ)のブックマークを選択します。(CtrlまたはShiftを押しながら削除したいブックマークをクリックして選択)
    2. Shift+Delを押すと削除されず選択したブックマークの文字色がグレーアウトしてその場に留まります。

    グレーアウトしたブックマークを選択してESCを押すと元の状態に戻ります。
    これはどういう意味なのでしょうか?

    不具合とは断定できないので雑談スレッドに投稿します。

    • グレーアウトの図
      0_1511331403747_hosi01155.jpeg

  • Vivaldi Translator

    書き忘れの追記

    グレーアウトしたブックマークを選択して開くと空白のページが開くだけで元のブックマークを開くことはできない。

    (アドレスバーに表示はないがたぶん、about:blank が開いているものと思われる。)

    about:blank <<-- で検索した結果

    グレーアウトしたブックマークを選択して右コンテキストメニューから削除を選ぶか、DELを押すとと「ゴミ箱」に移動するが、移動後もグレーアウトのまま変化しない。
    移動したグレーアウトのブックマークを、ゴミ箱を空にする(E)で削除することはできるけど、
    希望する「ゴミ箱を経由せずの削除」はできない。


    11月24日 追記
    環境を書くのを忘れていました。
    これを書いたときはVivaldi1.12.9??.48最新版だった
    今は1.13.1008.32
    どちらも挙動は同じです。


Log in to reply
 

Looks like your connection to Vivaldi Forum was lost, please wait while we try to reconnect.