1.12のマイナーアップデートを実行すると起動できなくなる?



  • こんにちは。昨夜(2017年10月26日)リリースされた1.12のマイナーアップデートにアップデートすると、起動できなくなる不具合が発生する方がいるようなので、一応この問題の情報共有のためのトピックを作った方が良いかと思い、作りました。

    現在分かってる点を書くと、

    • 発生するのは、Windows環境のみ?(※Win 10だけでなく7でも発生してると言う方がいるようです。 参照:その1その2その3
    • 最新のスナップショット(ベータ版)の方をインストールと、起動できるようになる?(※ただし「それでもダメだった」と言う人もあり。 参照:その1その2その3その4
    • 「Secure Preferences」と言う設定ファイルを削除すると、また起動するようになった。(※ただしこれをやると拡張が全消えするそうなので、要バックアップ!  参照:その1その2その3

    ただアップデートしなくても「起動できなくなった」と言ってる方もいる(参照:その1その2)ので、必ずしもこの1.12のマイナーアップデートが原因ではないかもしれませんが… 結構な人が「アップデートしたら起動できなくなった」と言ってるので、このアップデートが何らかの問題を引き起こしている可能性は高いのではと思われます。

    最後にこの問題に関連する英語のトピックのリンクを以下に掲載しておきます。

    Vivaldi won't open | Vivaldi Forum
    https://forum.vivaldi.net/topic/21789/vivaldi-won-t-open

    P.S.
    もしこの問題が発生したと言う方いたら、このトピックに返信と言う形で、使用環境や発生してる問題の詳細等々を書いてもらえないでしょうか?そうしたら他の人の参考になると思いますし、問題の解消がより早く進むと思うので。



  • 新たな情報入手したので、追記します。

    プライベートウィンドウなら起動できた」「プライベートウィンドウの場合は落ちない」と言ってる方がいたのと、あと上記で書いた英語版のトピックでも「いくつかの拡張を削除したら、また使えるようになった(起動できるようになった?)」と言っておられる方がいることから、ひょっとしたら拡張機能に起因する問題なのかも…しれません。

    ちなみに私の環境(macOS High Sierra、Vivaldi Snapshot 1.13.998.3)では、「uBlock Origin」と「TweetRight+」と言う拡張で、赤い警告が出ていました。

    0_1509143508372_Vivaldi 1.13.998.3:いくつかの拡張機能に警告! - 2(uBlock Origin).png

    0_1509143539160_Vivaldi 1.13.998.3:いくつかの拡張機能に警告! - 1(TweetRight+).png

    私の環境では起動することは起動するのですが、何となく調子が悪かったのですが、これらの拡張を無効にした後は、少し調子が戻った感じがしています。

    ちなみにこの問題の英語のトピックでも、拡張について触れてるコメントがいくつかあることからも、拡張が影響してる可能性はあるのではないかと…。

    Vivaldi won't open | Vivaldi Forum
    https://forum.vivaldi.net/topic/21789/vivaldi-won-t-open


  • Moderator

    @kyu3a 報告ありがとうございます。
    昨日からこの件急増していてプライベートウインドウで起動することから拡張を疑い、昨日から調べていますが chromeの仕様変更での不具合なのか悪意のある拡張がばらまかれているのかの確かな情報は得ていません。

    モデレータのGwenがこの件でクラッシュする拡張のリストを書いていました。

    @gwen-dragon said in Vivaldi won't open:

    These Extensions with ID crash Vivaldi:

    • djjddbeligongockkakmbfdngdjdnagb
    • nbjnehjmelkfjggedillcpjeelfnempb
    • painakdmkedalbggbejpphgjikkmafhc
    • pgkcfihepeihdlfphbndagmompiakeci

    twitter で教えてもらった不正になった拡張は
    Bookmark Checkerというリンク切れのブックマークを検出してくれる拡張機能

    拡張の cache killerが不正なソフトウェアが含まれていると警告
    https://twitter.com/pinkslade/status/924108532273750016



  • @zyxwj そうでしたかぁ〜!教えてくれて、ありがとうございます。

    あとTwitter経由で @zyxwj さんに教えてもらった件も追記。上記コメントで「uBlock Origin」でエラーが出ると書きましたが、こちらは「Ghostry」と言う別の拡張と干渉してるそうで、実際「Ghostry」を無効にしたら、「uBlock Origin」の欄に出ていた警告表示が消えました。 :smiley:

    0_1509181104541_Vivaldi 1.13.998.3:拡張「Ghostry」を無効にしたら、「uBlock」の警告表示が消えた!.png

    当該ツイート↓
    https://twitter.com/spurt/status/924130443489828864



  • Linux Mint 18.1Mateでvivaldiを使用している者です。
    10月28日に1.12を使用中に突然落ちて、それっきり起動しなくなってしまいました。

    古いバージョンを何度か入れなおしたのですが、それでも起動せず、
    端末で起動させようとしたところ「Segmentation fault」と表示されて起動しません。(どのバージョンでも同じ状態です。)

    vivaldiは大変気に入っているのですが、使えなくなってしまい、困っています。


  • Moderator

    @obanyaki
    プロファイルが壊れていて起動を妨げている気がします。

    見当がつかないので思いつく対処方法を書きます、linuxでvivaldiをテストする環境が現在手元にないもと、linux-mintは最近触ってなく記憶で書いています、記憶違いでズレがある場合はご勘弁を。

    • まずOSのリブートsudo rebootで起動可能になるか否か。
    • プライベートウインドウで起動してみる。
    • 拡張を無効にして起動 ターミナルで
      vivaldi --disable-extensions

    上記3ついずれかで起動出来ればブックマークのエクスポートでバックアップし、エラーの出ている拡張を削除してください。

    プライベートウインドウで拡張設定が開かない場合はアドレスバーに
    vivaldi://extensions/を打ち込めば大丈夫だと思います。

    それでもダメな場合はプロファイルの新規作成をします。

    • Linux Mintだとユーザーフォルダの中にvivaldiのuser dataプロファイルフォルダがあると思いますので、vivaldi-bak 等にリネームしてvivaldiを起動をしてみます。

    vivaldiのuser dataは隠しフォルダになっていると思うので cajaなどの表示設定でctrl + h 隠しフォルダを見れるように設定してください。

    バックアップしたプロファイルから新規プロファイルへ、userdata/Default からchache とextention 系の以外のデータを戻せば環境がある程度修復出来ればラッキーですが、また起動不能になるかも知れません、その場合はプロファイルを削除してまた作り直してください。



  • IT素人ですが、検索で見つけたブログを参考に試行錯誤したら対症療法的に起動できるようになったので報告します。
    (参考にしたブログはこちら。https://blog.bgbgbg.net/archives/4265)

    zyxwjさんも書いておられますが、PCを再起動してからプロファイルの新規作成をします。

    具体的には、
    下記のフォルダの名前"User Data"を”User Data Backup”などと書き換えます。
    C:\Users\username\AppData\Local\Vivaldi\Application\User Data

    次に、Vivaldiを立ち上げます。
    すると、"User Data" フォルダがあたらしく作られます。

    上記ブログでは、設定やブックマーク、パスワード等を引き継ぐために、
    バックアップを取ったフォルダ
    C:\Users\username\AppData\Local\Vivaldi\Application\User Data backup\Default

    で、新しく作られたフォルダ
    C:\Users\username\AppData\Local\Vivaldi\Application\User Data\Default

    を書き換える、とありますが、

    当方の場合、これをするとまた、起動しなくなりました。
    そこで、フォルダをバックアップしたもので上書きするのではなく、
    右上”V"アイコン->ファイル->ブックマークと設定のインポート
    を行いました。
    開いたダイアログボックスでインポート元=Vivaldi、「プロファイルのデフォルトの位置を使用」のチェックを外し、「フォルダー選択」で上記バックアップしたほうの"Default"フォルダを選択します。これで、ブックマークとパスワードはインポートされました(履歴やメモは残念ながらインポートされませんでした)。

    ブックマークは「インポートされたブックマーク」として一括して収められていますので少々整理が必要です。(左ブックマークのコラムの中でフォルダ操作的に整理を行えます)

    以上、ご参考まで



  • この問題に対応したマイナーアップデートがリリースされたそうなので、
    以下に公式ブログのリンクを追加しておきます。これで問題が解消すると良いのですが…:sweat_smile:

    Vivaldi 1.12 マイナーアップデートのお知らせ:Vivaldi日本語公式ブログ
    https://jp.vivaldi.net/2017/10/30/1509/

    Minor update to Vivaldi 1.12 – Crash fix:Vivaldi公式ブログ
    https://vivaldi.com/blog/minor-update-to-vivaldi-1-12-crash-fix/



  • ありがとうございます。
    教えていただいた方法を試したのですが、3つめ方法でしか起動させることができませんでした。
    結局、隠しファイル等vivaldi関係の残っているファイルを全て削除してからインストールしたら起動できるようになりました。
    ブックマークは消えてしまいましたが、整理する良いきっかけになったと思います。


Log in to reply
 

Looks like your connection to Vivaldi Forum was lost, please wait while we try to reconnect.