フォントにアンチエイリアスがかからない。(効きが悪い?)



  • ver1.10にバージョンアップしてからフォントにアンチエイリアスがかからなくなりました。(効きが悪くなっただけ?)

    ものすごいジャギジャギになってしまうので何とかならないものでしょうか。

    CSSで悪あがきしてみたもののどうしても汚くなっちゃうんですよね…(´・ω・`)


  • Vivaldi Team

    @Okotowari404 ご報告頂き、ありがとうございます。お使いのOSと、フォント設定をご教示頂くことは可能でしょうか。


  • Vivaldi Translator

    私の環境でも1.10.856.16から(Blogのコメントにも報告があります)発生しています。
    Chromeでも同じくフォントに関係なくスムージングがおかしいのでそっちが原因かと思います。

    Windows10 1703 64bit
    フォント:Migu 1P


  • Vivaldi Team

    @icesiruko 情報ご提供頂き、ありがとうございます。Windows10で、VivaldiとChromeとOperaでMigu 1Pを設定したところ、VivaldiとChromeは100%前後の拡大率では文字によってムラがありました。Operaでは倍率に関係なくアンチエイリアスが効いているようです。対処法は考慮せねばなりませんが、一旦再現確認したご報告まで。



  • Windows10でメイリオ(ちょっとまえはMigu 1C)を使ってます。
    Googleの検索結果とかを表示すると特にえらいギザギザ感が目立つ感じですね。



  • 実際どんなもんなのって感じなんで一応例で。

    alt text
    ↑はVivaldiの最新版で表示したGoogleのスクリーンショット(の一部)になります。

    alt text
    ↑は同じフォント設定でChromeで表示した場合です。



  • 1.10.856.16からフォントが汚くなった件自分も気になって過去に調べていました。
    Chrome/59.0.3061.0で「アンチエイリアスのグレースケールが機能していない」というバグ報告があります。
    https://bugs.chromium.org/p/chromium/issues/detail?id=708020

    その後のスナップショットで改善されたかは不明ですが自分は気にならなくなっていますなのでアップデートを試されては。

    Vivaldi 1.10.867.34
    Chrome/59.0.3071.90



  • 風邪ひいて倒れてて見てなかった…(´・ω・`)

    Snapshot 1.11.880.3にしてみましたがこの件はまだ解決できてないですね…


  • Vivaldi Team

    @Okotowari404 メイリオでもフォントが荒いという件が気になるため、プライベートチャットにてやり取りをさせて下さい。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。



  • 今回のケースと別かも知れませんがどうすれば再現するか検証してみました。
    同じようなトラブルの解決に繋がれば幸いです。

    0_1501955951655_vivafontfont.png

    コンピューターのパフォーマンス設定でスクリーンフォントの縁を滑らかにするの有無で左右のような表示の違いになります、パフォーマンス優先にするとスクリーンフォントの設定が無効になるため、Windows高速化のチューニングをしている場合に意図せずこのオプションがオフになっている場合があります。

    このオプションはすぐに有効にならないので、チェックを入れた後にvivaldiを再起動する必要があります。

    0_1501956056681_papho.png



  • 検証ありがとうございます。
    その「スクリーンフォントの淵を滑らかにする」のチェックボックスはチェック入ってました。
    一応デザイン優先の設定にしてみましたが変わらず…です。

    いわゆるおま環状態なのかな…こちらの方でもいろいろ調べてみますね。



  • 連投すみません。
    一回アンインストールしたのちもう一回最新版1.11.917.39(64bit)を入れてみたんですが、アンチエイリアスこそかかってないんですけど汚くない文字になりました。
    (前はzyxwjさんのうpした左の画面っぽい感じ)
    これなら大丈夫かな…って感じです。



  • @Okotowari404
    ブラウザ側の設定で vivaldi://flags/#lcd-text-aaアンチエイリアスの設定をenableに指定することで変化があるかも知れません。

    PC側の設定考えられるのはWindows側の「ClearTypeの調整」を有効にしてフォントの調整を行います。
    このオプションはLCDの素子の配列の調整程度のもので効果はあまり期待はできません。
    ※呼び出しはコルタナのところでcleartypeと打てば出てきます。



  • CleartypeはONになっていました。

    最近確認したところ、以前Chromeではアンチエイリアスがかかってた…のですが、Chrome側もかからなくなってしまってました。
    Chromeもたぶん最新版にしてたと思うんですが、後追いで同じ風に表示されるようになってました。
    Chrome側でもおかしいとしたらVivaldiの問題ではないと思うのでちょっといろいろと入れなおしてみようと思います。


Log in to reply
 

Looks like your connection to Vivaldi Forum was lost, please wait while we try to reconnect.